バーチャルリアリティデバイス

SXR

The 2nd SXR
(Hackathon and Forum)

May 15th and 16th, 2021 (JST)

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
胚性幹細胞

 ​The 2nd Scienc-ome XR Innovation Hub (SXR)

~ Science Beyond Borders via Cross-Reality (XR)~

 
SXRロゴ.png

Scienc-ome XR Innovation Hub (SXR) is a hackathon event in which we focus on producing anti-disciplinary science achieved by an international team, high-risk projects and research from various fields such as life science, physics, mathematics, engineering, and artificial intelligence. Our idea of SXR is based on the Human Frontier Science Program (HFSP) which is an international funding agency that has produced 28 Nobel Laureates in the past 30 years. HFSP funds a high-risk and interdisciplinary research project with a philosophy of “science without borders''. The alumni and current HFSP awardees join the operating committee in SXR. SXR employs a XR system defined as a “cross-reality” that offers a mixed environment of physical meeting and virtual reality (VR). The immersive technologies promote anti-disciplinary science by releasing temporal and spatial restrictions. SXR provides opportunities to build the relationship to the young scientists in universities and industries under the COVID-19 situations. We believe that anti-disciplinary science in SXR will provide a breakthrough in social changes leading to destructive innovations. The process of anti-disciplinary science through the hackathon would be a model for “crossing the border” and “disruption of temporal and spatial restrictions” by using XR.

2021年5月15-16日(日本時間)にASG-Keio(リンク)とUJA(リンク)主催となり、国内外の異分野・異世代が交流するイベント「The 2nd

Scienc-ome XR Innovation Hub〜越境し共創する研究シーズの発掘と事業開発〜」を開催いたします。

現実と仮想現実空間をつなぐクロスリアリティ(XR)システムを用いて、多様な研究者や高校生にて研究チーム形成、研究プロジェクトを、「ハッカソン」と呼ばれる短期間で密に議論して進める方式を採用いたします。


是非、多くの方の参加登録(無料)をお待ちしております!(大会長挨拶)

 
 

The 2nd SXR (Hackathon and Forum)

May 15th and 16th, 2021 (JST)

Viewing the event through Youtube and Zoom

(イベントの視聴登録)

​随時受付

 
 
 
 
 
 
 
20201217_Scienc-ome_XR_Innovation_Hub_v0
Screen Shot 2021-04-02 at 11.36.27 PM
Screen Shot 2021-04-02 at 11.36.27 PM

Screen Shot 2021-04-02 at 11.39.57 PM
Screen Shot 2021-04-02 at 11.39.57 PM

sxr_game_Page_6
sxr_game_Page_6

Screen Shot 2021-04-02 at 11.36.27 PM
Screen Shot 2021-04-02 at 11.36.27 PM

1/5
 
SXR 2nd Hackathon Flyer.jpg

The 2nd SXR (Hackathon and Forum)

​ ​

May 15th,  9:00-16:30, May 16th, 8:00-13:00 (JST) 

May 14th, 19:00-2:30, May 15th, 18:00-23:00 (EST)

May 14th, 18:00-1:30, May 15th, 7:00-22:00 (CST)

May 14th, 16:00-23:30, May 15th, 15:00-20:00 (PST) ​ ​

pre-event (終了)

The 1st SXR (終了)

 

--Sponsorship Opportunities--

  • [Platinum] Free entrance to hackathon events for 2 researchers, viewing codes of all hackathon teams for 10 researchers as well as tickets for meetings with up to 2 other hackathon teams

  • [Gold] Free entrance to hackathon events for 2 researchers, viewing codes of all hackathon teams for 5 researchers as well as a ticket for a meeting with 1 hackathon team

  • [Silver] Free entrance to hackathon events for 1 researcher and viewing codes of all hackathon teams for 2 researchers

  • [Bronze] Either viewing codes for all hackathon teams for 2 researchers or free entrance to hackathon events for 1 researcher

[Other] Please contact us if you are willing to kindly offer the place or equipment for Scienc-ome XR Innovation Hub events.

On-Site Presence

  • Banner and Digital Ad at VR meetings and Hackathon

Branding and Marketing

  • Company logo in our website

  • The exhibit at the VR booth will be presented all-day

Host :

Anti-disciplinary Science Group in Keio (ASG-Keio), Inc.

501(c)(3) NPO United Japanese Researchers Around the World (UJA), Inc.

Cosponsor :

(Boston) Breakfast at Longwood

(Chicago) Northwestern University Japanese Researchers Association (NUJRA)

(Los Angeles) Southern California Japanese Scholars Forum (SCJSF)

(Tokyo) Keio University Office for Open Innovation, CIC Tokyo
Keio University Hospital Clinical and Translational Research Center 

(Kyoto) Kyoto, Kyoto Prefectural University of Medicine

Support :

Embassy of Japan in the United States of America, Tokyo, Japan Science and Technology Agency (JST),

Research University Consortium (RUC), World Premier International Research Center (WPI),  

Kyoto University Research Administration Office (KURA)

Cooperation :

Empowering Next Generation Allergist/immunologist toward Global Excellence Task Force toward 2030 (ENGAGE-TF), XPLANE

XR Partner :

Microsoft Project Users Forum (MPUF), MediProduce, Inc.

SDGs Partner :

NPO Cheiron Initiative, Inc.

 新しい産業育成や治療法の開発には、大学や研究機関が中心に行う革新的技術の開発”Invention”と、企業が中心に事業化し民間団体などとともに社会に届ける”Implementation”が合わさることによってはじめて”Innovation”が生じます。Scienc-ome Innovation Hubは、若手を中心として、次の3つの目標達成を目指します。

  • ムーンショット型の破壊的研究プロジェクトを構築します。

  • 破壊的研究に対する事業性、研究応用への展開を国内外の研究者及び企業、行政等のステークホルダーと推進します。

  • 国外のコミュニティを含めて多様な研究者とその家族、団体等と連携することで、国際的ムーンショット型研究と、イノベーション創造、次世代育成につなげます。

30年で28人のノーベル賞を輩出している国際ファンドHuman Frontier Science Program (HFSP) に代表されるように「多様性」「国際性」「従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的なムーンショット型研究」は、破壊的研究にとっては必要不可欠な要素です。また、それらの破壊的研究に製薬企業、投資銀行、行政など様々なステークホルダーが大学と連携し事業性が合わさることによって免疫チェックポイント阻害薬、核酸医薬、遺伝子治療を含む新しいモダリティが台頭を見せています。製薬企業、投資銀行、行政など様々なステークホルダーが大学と連携し、スタートアップとして開発が進められており、医療機器、AIなどを用いた診断技術、アプリなどのデジタルヘルス治療機器など革新的技術の多くが大学との連携によって、海外を中心に進められています。国内でも年々多くのスタートアップが創出されており、文部科学省、経済産業省、厚生労働省や、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)、科学技術振興機構(JST)や世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)等による人材育成や研究シーズの支援の仕組みが少しずつ充実してきています。しかしながら、「物理」「数学」「芸術」など多様な研究領域との融合による次世代型研究プロジェクトは進んでいない。またイノベーションエコシステムに必要不可欠な人的ネットワークの構築が不足しており、特に、国際的な研究者ネットワーク、アカデミアと研究シーズを持つ大学の研究者が民間のネットワークイベントに参加するケースが少なく、これらのハブとなる組織や場/機会が必要とされています。また、この人的ネットワークや、知識の蓄積は、次世代を担う子供たちの科学技術、イノベーション教育としても活用されることが期待されます。

 

そこでこの度、様々な専門性を持つ多くの若手研究者が、所属する機関の枠を超えてアイデアを交換するコミュニティであるASG-KEIOは、オンライン、VR、オンサイトのハイブリッド型のフォーラムScienc-ome Innovation Hubを以下の通り開催する運びとなりました。

Scienc-ome Innovation Hubは、革新的技術の開発に取り組む若手研究者と、新しいモダリティの開発と産業化を目指す企業を繋ぐ、”Innovation”のハブとなる場です。2050年の未来社会の実現に向けて、国内外の研究者、企業、自治体等のステークホルダーが集い、自然科学、社会科学、人文科学などの分野横断・融合、破壊的研究プロジェクトの構築、破壊的研究に対する事業性、研究応用への展開を推進します。そして多様な価値観を包含しイノベーションが一つでも多く創出されることを切に願い、持続的に科学技術の発展の一助となります。

 

 

 

主催:一般社団法人慶應反分野的サイエンス会(ASG-Keio)   

一般社団法人/米国501(c)(3)NPO法人海外日本人研究者ネットワーク(UJA)

 

共催: (ボストン ) ロングウッドで朝食を〜 Breakfast at Longwood 〜

(シカゴ ) ノースウェスタン大学日本人研究者の会 (NUJRA)

(ロサンゼルス ) Southern California Japanese Scholars Forum (SCJSF)

(東京 ) 慶應義塾大学イノベーション推進本部、 CIC Tokyo 、慶應義塾大学病院臨床研究推進センター

(京都 ) 京都府、京都府立医科大学

後援: 在アメリカ合衆国日本国大使館、東京都、つくば市、科学技術振興機構(JST)、

研究大学コンソーシアム(RUC) 異分野融合タスクフォース 、国立研究開発法人産業技術総合研究所、

京都大学学術研究支援室(KURA)、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、

イノベーションデザイン・プラットフォーム(IdP)

 

協力: 厚生労働省政策研究班免疫アレルギー疾患研究10か年戦略次世代タスクフォース (ENGAGE-TF)、

奈良先端科学技術大学院大学、関西大学、XPLANE

 

協賛: D3 LLC、NOMON株式会社、株式会社坪田ラボ、大鵬イノベーションズ合同会社、大鵬薬品工業株式会社、

    株式会社博報堂、ANRI

ASG-Keio_logo copy.png
UJA-logo-circle.png
Cheiron_Logo_Final_20190723.png
logo_openinnovation_hight.jpg
logo.png
50272248727_db30f7bbc7_c.jpg
東京都シンボルマークA2タイプ.jpg
京都.png
京都府立医大.png
つくば市.png
JSTロゴ.jpg
AIST_Logo.png
NUJRA.jpg
black_edited.jpg
CIC.png
Unpacked white.jpg
視覚健康財団ロゴ.png
d57512-4-640449-2.gif
site-logo_edited.jpg
Engage-TF_Logo01_edited.jpg
IdP.tiff
151778151_1898312943655937_8650033484311
スクリーンショット 2021-02-15 15.56.11.png
Tsubota Lab Logo.PNG
Taiho_innov (1).png
hakuhodo.jpg
ANRIロゴ.jpg
KII_logo_navy_back.png
Editage logo.png