top of page
ABiSS2023
unsplash-OG44d93iNJk_edited.jpg

第3回ABiSS
(Anti-disciplinary Biomedical Scientific Symposium)


大会長:河﨑 洋志(金沢大学 脳神経医学研究分野)
​事務局:早野 元詞(慶應義塾大学医学部)


ABiSSとはScienc-omeの年会として、研究分野の概念を超えた新しい研究を創造することを目指した研究会です。
専門性の違いを超えて、密に議論するスタイルの研究会で、若い学生の方にも積極的に議論に参加・相談していただくスタイルです。研究者の研究内容を家族、パートナーや子供、地域の方も一緒にサイエンスを楽しむことを目的にもしています。


場所:石川県金沢市
9/16(土) 金沢市宝町13-1 金沢大学
宝町キャンパス 医学部記念館


参加者(観覧者)募集
​こちらから

プログラム (予定)

2023 年9 月16日(土)

14:00-14:05 開会・挨拶、河崎洋志(金沢大学)
14:05-14:15 Scienc-ome/ABiSSのご紹介、早野 元詞(慶應義塾大学医学部)
14:15-14:45 エピゲノムによる後天的な老化制御機構、早野 元詞(慶應義塾大学医学部)
14:45-15:15 「偏り」からアプローチするがん生物学、齊藤康弘(慶應義塾大学先端生命科学研究所)
15:15-15:45 「翻訳」の視点から見た科学コミュニケーション、アミール 偉(福島県立医科大学)
15:45-16:15 代謝制御から学ぶ網膜発生、高田 望(Northwestern University)

16:15-16:30 休憩

16:30-17:00 アミノ酸代謝異常とがんの悪性化の関係について、山本雄介(国立がん研究センター)
17:00-17:30 免疫による脳の制御、伊藤美菜子(九州大学 生体防御医学研究所)
17:30-18:00 イタチを使った脳研究、河崎洋志(金沢大学 医学系)
18:00-18:30 ゲノム情報が明らかにする複合形質基盤と予後、寺尾 知可史(理化学研究所生命医科学研究センター)

19:00- 懇親会

 

bottom of page